iittala

iittala(イッタラ) / タンブラー Kartio レイン

¥1,320

2018年に誕生60周年を迎えたイッタラのロングセラーです。 
デザイナーのカイ・フランクは人々が毎日使うのに相応しいシンプルで丈夫なグラスを追求し、1958年にカルティオを完成させました。
余分なものをそぎ落としたエッセンシャルなフォルムは、時代を超えて愛され続けています。
また、多彩かつ絶妙なカラーバリエーションはカラーガラスを知り尽くしたイッタラならではのものです。

サイズ:約Φ80x80mm(容量約210ml)
素材:無鉛ガラス




iittala

フィンランド・イッタラ村の小さなガラス工場で生まれたもの。それは人々の日々の日常を明るく照らし、豊かにするものとなり、時代を超えて今に生きています。
イッタラにとって核となる理念は、食事するとき、雰囲気を変えたいとき、また家にちょっとしたものをとっておきたいときなど、毎日の生活のどんなときにも、そこに楽しみと喜びをもたらす、美しく機能的で、丈夫な製品を提供することです。
イッタラの商品は既に家にある他の商品だけでなく、他のシリーズとも組み合わせられるようにデザインされています。

DESIGNER:KAJ FRANCK(カイ・フランク)
カイ・フランク(1911-1989)は、「フィンランドデザインの良心」として知られています。
フランクが育ったのは、美しく飾られたディナーセットが並ぶ華やかな生活が、石でできた数枚の食器が並ぶ質素な生活へと変わった時代でした。フランクは自身のスタイルを、この二極の中間に位置づけ、これまでの一般的なテーブルウェアの認識を大きく変えました。彼は、連続製産を利用して、万能で実用的な質の高い食器を、手頃な価格で買えるようにしたのです。
社会的な良心だけでなく、ものごとの本質を捉えたいという願いから、フランクのキャリアは導かれていきました。とくにプロポーションにこだわり、始終ベーシックなフォルムを探求し続けていたフランクは、ヘルシンキ芸術デザイン大学の教授でもありました。彼の作品は、世界中から賞賛を受け、数々のアワードを受賞しています。
フィンランドでは、彼の名前を冠したカイ・フランクデザインアワードも設立されました。
フランクがデザインしたイッタラのティーマとカルティオは、世代を超えて人気のあるロングセラーです。これらはスタンダードなアイテムですが、カイ・フランクが生んだ伝説のクラシックデザインなのです。

日常に使うものこそ美しく、心を満たすデザインでなければ-私たちアルコデザインは考えます。 例えば北欧スタイルのように、使う人の立場に立って、暮らしのデザインと真剣に向き合ってきた姿勢は、機能から生まれる美と自然との調和です。

こちらもオススメ

最近閲覧されたもの