artek

Artek(アルテック)/クッションカバー 50x50cm グレー/ライトグレーシャドー

¥5,500

アルヴァ・アアルトが1954年にデザインしたテキスタイルパターン<シエナ>は、アアルト夫妻が幾度も訪れたイタリアの都市の街並みと、ドゥオモ広場に位置するシエナ大聖堂に着想を得て描かれたと言われています。規則的でありながらも手描きによる柔らかさが感じられ、あらゆるアイテムに応用されています。
<シエナ クッションカバー>は手描きによる柔らかさが感じられ、あらゆるインテリア空間のアクセントになります。お好みに合わせて選べる2つのサイズで展開しています。

サイズ:50x50cm
素材:100% キャンバスコットン

Designer:アルヴァ・アアルト
 最も影響力を持った20世紀の建築家の一人であり、建築評論家のジーグフリート・ギーディオンが「北欧の賢人」と例えたアルヴァ・アアルト(1898-1976)は、フィンランドのクオルタネに生まれました。生涯、アアルトは200を超える建物を設計し、そのどれもが有機的なフォルム、素材、そして光の組み合わせが絶妙な名作として知られています。建築は家具と補完し合うものと考えていたアルヴァ・アアルトは、自身が設計した建築に合わせておのずと家具のデザインも手掛けることになります。1931 - 32 年、パイミオのサナトリウムのために開発した最初の家具デザインは世界的な注目を集め、1935年、アルヴァ・アアルトとアイノ・アアルトがデザインする家具、照明器具、テキスタイルを世界的に販売することを目的にアルテックを創業しました。アルヴァ・アアルトが生み出した有機的なフォルムは、のちの建築家の手本となり、彼のデザインした家具やガラスアイテムは北欧デザインが世界に広まる上で大きな役割を果たしました。建築家としてだけではなく、プロダクトデザイナーとしても高い評価を得たアアルトのプロダクトは、合理性を考えたパーツのスタンダード化、新しい曲げ木の技法の開発など、量産を念頭に置いた先進的な考えが取り込まれていました。

日常に使うものこそ美しく、心を満たすデザインでなければ-私たちアルコデザインは考えます。 例えば北欧スタイルのように、使う人の立場に立って、暮らしのデザインと真剣に向き合ってきた姿勢は、機能から生まれる美と自然との調和です。

こちらもオススメ

最近閲覧されたもの