SIWA

SIWA (シワ)/ トートバッグ M ブラック

¥11,000
たっぷり容量のトートバッグ。幅広の底面部は18センチ。開口部は大型の32センチ。底面部には幅広のマチを持ち、自立が可能。
底面には底板を備えており、沢山のものをしっかり入れて、整理整頓もしやすいトートバッグの良さをそのまま持っています。
手触りが優しく、耐久性があって、水にも強い。雨になってもへっちゃらで、耐荷重10キログラムと、重いものもしっかり持ち運ぶことができる、あなたの毎日の生活でお役に立つことができるバッグです。

サイズ:H324xW324x180mm

 山梨県市川大門の和紙メーカー大直が、和紙漉きの製法で作った新しい紙、それが「ナオロン」です。手にすると肌触りが良く、軽くて、柔らかくしなやかな紙質ながら、大変強度があります。さらに水にも強く、破れにくいのも大きな特徴です。そのナオロンを使い、身のまわりの製品をつくろうと『SIWA』が生み出されました。

デザイナー:深澤直人
1956年山梨県生まれ。1980年、多摩美術大学プロダクトデザイン学科卒業。同年セイコーエプソン入社。先行開発のデザインを担当。1989年渡米し、ID Two (現 IDEO サンフランシスコ)入社。シリコンバレーの産業を中心としたデザインの仕事に7年間従事した後、1996年帰国。人の想いを可視化する静かで力のあるデザインに定評があり、「行為に相即するデザイン」「意識の中心」「ふつう」「輪郭」「典型」など、自らのデザイン哲学をこれらの言葉で表わすとともにデザインの具体を通してその実践を続ける。デザインのみならず、デザインを通して対象の本質にせまる力、その思想や表現などには国や領域を超えて高い評価を得ている。

お手入れ方法:常温の水をはり、適量の洗剤をよく溶かし、SIWA製品をしっかりと浸けて、やさしく押し揉み洗いをしてください。激しく擦ると毛羽立ちますのでご注意ください。そのあと、洗剤が残らないよう1?1回水でやさしくすすいで、タオルで水気を取ります。そして直射日光に当たらない場所でよく乾かします。ドライヤーやアイロンなど高温になるものは使用しないでください。
日常に使うものこそ美しく、心を満たすデザインでなければ-私たちアルコデザインは考えます。 例えば北欧スタイルのように、使う人の立場に立って、暮らしのデザインと真剣に向き合ってきた姿勢は、機能から生まれる美と自然との調和です。

こちらもオススメ

最近閲覧されたもの